メラメラと熱く上がる炎のように燃え尽きる俺のデリヘル談

長く利用していれば誰もが1つくらいは持っている自分のデリヘル自慢を披露して飯テロならぬ『エロテロ』を恐縮ながら決行致しますw

*

初体験が大きな分岐点となるデリヘルという大人の遊び

デリヘル遊びを始めて、それが長く続く人には、必ずそれを決心させるような成功譚があるものです。それまでの人生観を変える、と書くと少々大げさですが、そこには払ったお金以上の満足度や感動があったのは事実でしょう。だからこそ、それをまた味わいたくてこの遊びを続けるわけですから。逆にデリヘルで遊んでみたけどダメだった、という人が多いのも事実です。しかも彼らは総じて「もう二度と遊ばない」なんて考えをもってしまうことも少なくありません。この大きな分岐点は「はじめてのデリヘル」にあるのではないかと思うのです。
この時「楽しくない」と感じてしまった人は、きっと大きなショックを受けたと思われます。男性はこういうところが結構デリケートにできておりますからね。そしてその後は、決してデリヘル遊びを自発的にすることはないでしょう。この「はじめてのデリヘル」は、平均するとだいたい10代後半から20代前半くらいのようです。この世代の2万円は正直決して安くありませんから「だったらおいしいもの食べるわ」とか「趣味のもの買うわ」となってしまったとしても無理はありません。ただ、最初の失敗で「デリヘル全てがダメ」と思ってしまった人に対して僕はどうしても勿体無いと思ってしまうんです。
そこで今回は、デリヘル遊びの成功譚をドシドシと上げていきます。その良さを知っている人から見れば「飯テロ」ならぬ「デリテロ」となりますが、行ったことのない方にこそ読んでいただき、ちょっとでも行ってみたいなと思ってもらえれば幸いです。ま、真のねらいは「遊ぶ人が増えてくれて、お店の競争が加熱し、価格の下降やサービスのさらなる向上とかあったら日々使ってる僕らも嬉しいな」だったりするんですがね(笑)。パチンコ・ギャンブル・飲酒など大人にならないとできない遊びは多々ありますが、このデリヘル遊びもそれに匹敵するほどの「楽しさ」や「中毒性」などがある遊びと個人的に思っています。
とりあえず遊ぶ遊ばないは一度置いといて、ちょっと読んでみてくださいな。
柏のデリヘル風俗情報も一読する価値のある専門サイトですよ。

公開日:
最終更新日:2016/03/07